40代からでも十分覚えられる!Word&Excelの学習方法

是非とも身につけておきたいWordの便利なリボン機能の使用法

一番よく使われるWordのリボンはホームタブの「クリップボードグループ」と「フォントボード」であることを覚えてほしいです。

Wordの基本操作でよく使用されるのはホームタブの「クリップボード」「フォントグループ」です。これらはWord操作の中でも基本中の基本です。だいたいこれらの操作方法をマスター出来るようになれば文章作成も徐々に上達していきます。

では今回はクリップボードグループのコピー、キリトリ、貼り付け操作などについてご紹介しましょう。これらの操作は頻繁に使われる操作です。一通り覚えますととても便利な機能です。ではまたここで例文をあげてどうやってコピー、キリトリ、貼り付けをしたらいいのかやっていきます。例文:私は今日買い物に行って、オレンジとイチゴ、ノートと鉛筆を買いに行きました。でも少しお金が足りませんでした。

ではまずコピーからです。「今日買い物に行って」を後ろの「でも少し~」の前にコピーするとしましょう。まず「今日買い物に行って」をドラッグし、コピーボタン(貼り付けボタン)の右側の真ん中に小さな紙2枚のマークをクリックします。そして「でも少し~」の前の「で」の前をカチッとマウスを押し、貼り付けボタンをクリックします。そうすると「今日買い物に行って」がそのまま「でももう少し~」の前にコピーされます。

次は切り取りです。ハサミの形をしたものが切り取り操作をします。では例文にある「少し」を切り取って「足りませんでした」の前に移動させるやり方を説明します。まず「少し」を選択します。そして切り取りボタンをクリック。「足りませんでした」の「足」の前をカチッとマウスを押し、貼り付けボタンをクリックします。そしたら「少し」は切り取られて「少し足りませんでした」と切り取り貼り付け終了です。

Wordのこれまたよく使われる機能とは何でしょうか?

Wordは慣れてくると色々な機能を利用してアレンジしていくことが多くなりますが、ここでまたよく使用されるフォントグループの機能をご紹介します。

よく使用されるフォントグループの機能は「太字」「斜体」「下線」などです。

今挙げた機能もWordでは頻繁に使いますので覚えておくのに大変重要です。簡単に説明しますと、フォントグループのアルファベッドでBと表示されてるものは「太字」斜めIに表示されてるのが「斜体」、Uの下に線があるのは「下線」です。

この3種類の機能はビジネス文章を作成する場合等よく使われています。覚えておくと大変便利です。例えば強調したい部分はこの3種類の機能を使用しますと読む側の目に留まりやすいですし、何よりも重要度を示すことが伝わってきます。あと同じフォントグループにペンの形をした「蛍光ペンの色」なども含まれてますので、よりカラフルな仕上げになります。

Wordの基礎はまずよく使われるリボンのホームタブの「クリップボード」「フォントグループ」の使用方法についてしっかりマスターすることです。それには日々の復習が必要です。Word2010の基礎のテキストは書店で販売されていますので、まずそういった書籍を買い求めてしっかりと勉強を進めていくことが何よりも大切です。

初心者からのスタートです。徐々に慣らして学習を進めていきましょう。