40代からでも十分覚えられる!Word&Excelの学習方法

Wordのその他の便利で楽しいリボンの活用法とは

Wordで楽しいリボンの活用法教えます。

Wordは何も堅苦しく勉強するだけではありません。リボンで自由に自分なりの楽しいレイアウトの仕方もあります。これから手紙とかチラシを作成する場合に役立つリボンの使用法を紹介します。

よく町内会なんかでお祭りの開催のお知らせとか廃品回収などのお知らせなどがWord作成されて回覧版で回ってくるのを見かけたことがあります。そんな時にあ、こういうリボンの使い方ってあるんだなって私は気が付きます。簡単ですが、自分の分かる範囲のWordのその他のリボンの活用法をご紹介します。

Wordのチラシ作成では見出しをよく「ワードアート」を使っています。この「ワードアート」はリボンのどこにあるかと言いますと、投入タブのテキストボックスにあります。大きなAのマークがワードアートです。ここをクリックすると色んな種類のワードアートが出てきます。好きなデザインを選んで題名を入力し、Wordの画面上に出てきましたら、バランス良く真ん中に揃えましょう。これもWordでは良く使う機能ですから覚えましょう。

次に便利で楽しいリボンの活用法とは。それは「クリップアート」です。「クリップアート」は同じ投入タブの図グループにあります。ここをクリックすると右横にクリップアートの検索ボックスが出てきます。検索の欄に自分が何の絵を入れたいのか決めてWordのチラシを作っていくのです。季節は夏から秋へと移ってますので、例えば「秋」と検索すれば「秋」に関連したイラストが出てきます。右下に緑の丸印がありますがこれはインターネットから秋のイラストを拾っている状態のことを言います。

まずは好きな「秋」のイラストを1つ選んでみてください。クリックすると選んだ画面がWordの方へ移動します。大きな画面のままですとサイズの調整が必要になってきますので、「図ツール」と表示された書式タブから一番左のサイズグループの中のサイズ「高さ」と「幅」を適度なサイズに変更します。そして調整します。あと配置グループの犬のイラストの「文字の折り返し」をクリックし、背面を選択します。そうすると中央へ移動させることが出来ます。

如何でしたか?いざやってみるとなかなか面白いものですよ。特にクリップアートはカナ検索によって好きなイラストを選んで導入することにより、色んなデザインのチラシが作れます。

Wordで意外と役立つヘッダー&フッダーの使い方をお話します。

Wordでこれまたリボンの活用に欠かせないヘッダー&フッダー。これも位置は同じ導入タブのヘッダーとフッダーグループにあります。主な使い道はヘッダーがタイトルの入力や日付の入力、フッダーはページ番号の入力になります。

ヘッダーをクリックすると組み込みというのが出てきますので、基礎として一番簡単な所で「空白」を選び、「テキストを入力してください」と出ますので、それはDELキーで消して何かタイトル名を入力してください。あとヘッダー/フッダーツールと表示が出ますので、デザインタブの投入グループから日付と時刻を選び、クリックして今日の日付を入力してください。

ヘッダーでは同じデザインタブのヘッダー&フッダーグループから「ページ番号」をクリックし、下部を選ぶと1枚目に1、2枚目に2とページ数が入ります。以上これらの機能も覚えておくと便利です!