40代からでも十分覚えられる!Word&Excelの学習方法

WordMOS試験合格への道は君の努力次第である

MOSWord2010試験対策は模擬試験を何度も繰り返しましょう!

Word2010の模擬試験対策は本試験へのとても大切な時期です。何回も復習して本試験のコツをつかむことが必要です。今回は自分の体験談をもとにどうやってMOS試験に合格できたかをお話します。

私はMOS2003とMOS2007は職業訓練で勉強し、合格しました。でもWord2010だけは先生も誰もいない独学での挑戦だったのです。でも幸いなことに訓練時代の学んだOffice2003,2007のWordの基礎の土台がありましたので、2010の勉強の介入には全然違和感がありませんでした。

自分は40代であっても階段を上るようにしてパソコンのスキルだけは向上させたい!と言う思いがありました。そこで2014年1月久しぶりにMOSWord2010の本試験への挑戦を試してみることにしました。学習の方は2013年の秋ごろから開始させましたが何せ昼間はパート、夜は主婦の仕事がありましたので、訓練時代のように順調に学習など進められませんでした。

使用したテキストはFOM「MOSWord2010対策テキスト」と日経BPの「MOS攻略問題集」の2冊でした。常に2冊のテキストを併用して例題から取り組んで模擬試験対策をしました。でもなかなか本試験へ臨む自信がつかず悩みました。働きながらの勉強はやっぱり無理なのかなぁと。くじけそうになった時、訓練時代のOffice2007を教えてくれた先生の言葉を思い出しました。「あなたはすでにMOS2003を持っています。MOS2007に合格出来れば中級レベルです。」と言われたことを。

パートや主婦業の傍ら私は2冊のテキストを使ってMOSWord2010の勉強を進めていきました。でもやっぱり昼間の疲れで眠気ばかりが襲う日々。あの時先生の言われた「中級レベル」に達した自信を胸に段々寒さが増していく中で模擬試験の学習は進めていくことが出来ました。

2013年12月になり、私はいつのまにかWord2010の模擬試験まで何度も学習を進めることが出来ました。後は受験日をいつにするか?ネットであちこちのMOS試験を開催してるパソコン教室を調べてるうち懐かしい訓練時代の学校が出てきたのです。私はそうだ、どうせ受けるのなら卒業した訓練校で試験を受けようとそう決めたのでした。

Word2010の本試験は2014年1月下旬に決めた私は早速懐かしい訓練学校へMOS試験の申し込みに行きました。そしたら何と!私が訓練中に受けてた時の当時サブマネージャーと偶然会えたんです!その人はすでに立派なパソコンインストラクタとなり、受講生に教える立場に昇進したのでした。

MOSWord2010本試験合格は個人の努力次第です!

訓練時代のサブだった人に再会できた時に言われた言葉。「またスキルアップするのね。あなたならどこまでもやれるよ。頑張ってね。」と励ましてくれました。私は久しぶりに会えてこんなに嬉しい言葉を聞かされてますます一発合格して見せる!と本試験へ向けて燃えるファイトが沸いてきました。

どんなことでも見ていてくれる人は見ていると言うことが分かりました。努力さえすればどんなことでも成功が待ってると常に私は信じてました。

そして無事合格!努力は必ず実ります。