40代からでも十分覚えられる!Word&Excelの学習方法

リボンを使ってWordの文章の編集や変更を行ってみよう

リボンを使ってWordの文章の見栄えをよくしてみましょう。

Wordは文章作成さえすればいいだけのものではありません。見栄えよくアレンジして完成させます。Wordの文章作成はただ作ればいいものではなく、いかに人に見やすく読みやすくアレンジするのが大切です。

Wordの最終的なアレンジ法としては今度は同じホームタブの「段落グループ」を使います。これも結構Word文章作成にとっては重要な役割を果たしています。

Wordの文章は左寄りで入力されますが、例えば大きな題名を真ん中にしたい場合ってありますよね。その方法を教えます。大きな題名の例文:秋祭り開催のお知らせとします。その例文を真ん中にしたい操作の方法はまず例文を選択し、段落グループの3つの種類の細かい棒の表示されている「中央揃え」を選択してクリックします。そうすると例文は真ん中に配列されます。

では今度は日付など右に寄せる場合の操作方法です。例:9月14日(日)を右寄せにしたい場合は、例の日付を選択して同じ段落グループの「文字列を右に揃える」ボタンを選択してクリックすると日付が右寄せになります。これらも覚えておくとなかなか便利です。

今度は箇条書き、段落番号の操作方法について教えましょう。これも見やすくなる要素ですので、覚えておいた方がいいですね。まずは箇条書きからいきましょう。Wordで細かい詳細などを分別したい時に、箇条書きの操作方法を覚えておくとレイアウトが奇麗になります。ではその操作方法です。段落グループの●ーが3つ並んだマークのボタンをクリックし、「行頭文字ライブラリ」の中から好きなマークを選択してください。そうすると文面上に箇条書きマークが出てきます。

次は段落番号です。長文入力をしているとどうしても読みにくくなりますので、見やすくするためには段落が必要です。その操作方法について。まず長文入力した所を全部範囲選択して、同じ段落グループの1-と表示されてるボタンをクリックし、例として1.-,2-,3-を選択したとします。そしてクリックすると範囲選択された文章は奇麗に段落に分かれます。この機能も実に便利です。

文字の見栄えをよくするのは箇条書きや段落番号だけではありません!

箇条書きと段落番号の設定の仕方を覚えましたら、まだ新しい設定の仕方を覚えなくてはなりません。それは均等割り付です。この機能は文章体制を整える大切な役割を果たします。文章のレイアウトには重要です。是非覚えてください。

行事等でWordで作成した場合、日時、集合時間、集合場所、持ち物など詳細を入力することがあります。そんな時、これらのバランスが取れてないと大変みにくくなります。詳細を見やすくするにからこそ、この均等割り付は大変便利で、バランス良くレイアウト出来ますので便利です。それでは均等割り付の操作方法についてです。

例えば集合時間と日時、持ち物をバランスよく並べるためにはどうしたらいいか。同じ段落グループの矢印の下に細かい棒が横線になってるのが均等割り付です。それをクリックし文字の均等割り付とダイヤログボックスが出てきますので、集合時間の4文字に合わせます。ですから数字を4文字と設定してください。そして4文字でクリックすると奇麗になります。

文章編集には段落グループは重要です。